教育体制について

教育計画

目標

  • 看護に必要な基本的な知識・技術・態度を取得し、看護の個別性、継続性に配慮した看護実践をめざす。
  • 実践をとおして、自分の看護観や看護を探求する心を育てる。

(ホップ) 1.職場へスムーズに適応し、組織人としての心構えができ、荻原みさき病院の一員であることを、自覚する。1-1.荻原みさき病院の理念・方針が理解できる。1-2.関連部門を理解し、看護業務が円滑に出来、現場に適応することができる。1-3.接遇・マナーについて学ぶ。2.看護に必要な技術を習得し、患者に必要な看護が考えられる。2-1.人体の構造と機能を理解し、適切な援助ができる。2-2.検査、治療を理解し、原理原則を基本とした確実な看護実践を行う。3.看護チームのメンバーの役割が実行でき、報告・連絡・相談(ほうれんそう)・確認ができる。4.専門職業人としての自覚を持ち、責任ある行動が取れる。【研修内容】・荻原みさき病院オリエンテーション(年度初め・途中採用者は随時)・看護部オリエンテーション・看護師としての接遇マナー・感染予防(手洗い・スタンダードプリコーション)・基本的看護技術(採血・注射・吸引など)・事故防止・酸素ボンベ・救急蘇生・心電図

(ステップ) 1.看護についての考えを深め、受け持ちの患者の看護が展開できる。 2.個別性のある看護計画が展開できる。3.看護チームの中でのリーダーの役割を理解し、チームメンバーとしての力を発揮する 【研修内容】・救急蘇生 ・心電図

(ジャンプ) 1.難しいケースの看護がほぼ自力で展開できる。 2.リーダー及び夜間のリーダー役割が確実にできる。 3.看護の継続性(連携パス)に責任が伴なうことを理解する。 4.看護を探求する心を育てる。 【研修内容】・ケース発表・新人指導の研修・専門領域に向かってブラッシュアップ研修

荻原みさき病院へのコンタクト*078-681-1213 652-0847 神戸市兵庫区切戸町(きれとちょう)6-26